2010年12月22日

ラブホテルの統括管理者の業務

1月4日からの風俗営業適正化法の政令改正に伴い、「類似ラブホテル」の経営者の方が、新たに4号営業の届出を出す際には、「統括管理者」を決める必要があります。

「統括管理者」とは、警察庁が出した「解釈運用基準(PDF)」によると、「全体をまとめて管理する者という意味であり、店長、支配人等が該当する。」となっています。

通常、ラブホテルでは、マネージャーと呼んでいるところが多いのではないでしょうか。

また、経営者がこの統括管理者を兼ねても問題はありません。

ただし、「全体をまとめて管理」するわけですから、常勤している必要があり、そのため、遠方に住んでいて毎日の通勤が困難なような場合は、警察の方で「統括管理者」とは認めてくれないこともあります。

また、「統括管理者」は、日常の主な業務の他に、警察庁から出ている「ラブホテル等における年少者利用防止等のためのガイドライン」に沿って、年少者(18歳未満)がホテルを利用することがないよう、次の点についても統括管理する必要があります。

(1)従業者に対する「ラブホテル等における年少者利用防止等のためのガイドライン」の周知。

(2)従業者に対する「ラブホテル等における年少者利用防止等のためのガイドライン」に基づく措置の実施に関する指導の徹底。

(3)従業者による「ラブホテル等における年少者利用防止等のためのガイドライン」に基づく措置の実施状況の定期的な確認。

(4)防犯カメラ(録画機能を有するもの)、その他防犯及び年少者利用防止のための設備の整備、点検。

(5)ラブホテル等における年少者利用防止について、警察等との連絡、情報の交換等の実施。

この5項目が記載されている「ラブホテル等における年少者利用防止等のためのガイドライン」は、公開されていないこともあり、上に書いた5項目だけでは、具体的な中身が分かりにくいので、それについては後日書きます。

「風俗営業適正化法」の政令改正対策についての詳細は→こちら



同じカテゴリー(風俗営業)の記事
 ホテル・旅館に対する新たな「適マーク」 (2013-08-01 22:24)
 4号営業・ラブホテルの届出・・・・・届出書類の書き方・その5 (2011-01-10 01:23)
 4号営業・ラブホテルの届出・・・・・届出書類の書き方・その4 (2011-01-09 00:39)
 4号営業・ラブホテルの届出・・・・・届出書類の書き方・その3 (2011-01-06 01:09)
 4号営業・ラブホテルの届出・・・・・届出書類の書き方・その2 (2011-01-05 00:16)
 4号営業・ラブホテルの届出・・・・・届出書類の書き方・その1 (2011-01-03 22:15)

Posted by 博多の行政書士 at 01:19│Comments(0)風俗営業
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。